リペアライフのすすめ by プラスワン蛍池店 › 婦人靴修理例 › 大事なブーツだからこそ、、、、

大事なブーツだからこそ、、、、

2012年11月23日

「もう今年もあと1ヶ月ちょっとね〜








 ほんと1年ってあっという間だわ〜〜」





















「去年、旦那に無理言って買ってもらったサルトルのブーツキラキラ




















「ちょっとだいぶ痛んできたわねwwface07




















「旦那に、一生モンだから〜って言って買ってもらったから、大事に履かないといけないわ〜」





















『世界一美しいジョッキーブーツ』と呼ばれるサルトルのブーツですね。

フランスの老舗ブランドで今は生産をイタリアに移していますが、

今でもハンドメイドにこだわり、革にこだわり、

その履いたときの美しいラインと履き心地から「いつかはサルトルデビューしたい!」と

女性たちの憧れともなっているそうです。


でもそんな高価なブーツだからこそ、しっかりリペアが必要なのです





はい完成♪











かかとを交換して、ハーフソールを貼れば、なが〜く履き続けていけますよチョキ







 
"あなたの大切な靴、かばんをしっかり丁寧に直します”

靴修理・合鍵のお店 『プラスワン蛍池店』

♫蛍池駅直結の商業施設「ルシオーレ」の2Fで毎日営業してます♫
●営業menu:靴修理、かばん修理、合鍵作成、時計の電池交換、傘修理、
       オリジナルハンドメイドレザーアイテムの制作・販売
●営業時間:10:00〜20:00※月曜のみ19:00迄
●定休日:なし※ルシオーレに準ずる
●TEL:06-6850-2880 ※「シティライフのブログを見て」と言って頂くと助かりますface02
●所在地:大阪府豊中市蛍池中町3-2-1 ルシオーレ北館2F

※申し訳ございませんが、電話による修理代金の見積りはご遠慮ください。

→体調が悪くなった患者さんが、病院に電話して、
「こういう状態なんですが、治りますか?いくらかかりますか?」と仮に尋ねたとします。
 すると、お医者さんが、
「直りますよ、診察代と薬代あわせて◯◯◯◯円です。」と答えたら、
 あなたは、そのお医者さんを信用するでしょうか?
 もちろん、しませんよね。だってあなたの体の状態を実際に診てくれていないからです。

 靴もかばんも同じだと考えます。
 形や素材、デザインもそれぞれ、仮に同じ物で同じ箇所の修理であっても、
 ひとつとして全く同じ修理はありません。
 ですから、実際に靴やかばんの状態を見ない限り、
 そもそも修理可能なのかどうかもわかりませんし、ましてや
 修理代金の見積額もわからないわけです。

 修理代金を知りたい方は、ご足労おかけしますが、
 店頭までお持ち込み頂くようお願いします。
 もちろん、その場で修理の可否、見積りをさせて頂きますので宜しくお願いします。

 



同じカテゴリー(婦人靴修理例)の記事画像
サンダルのストラップを引っ掛ける金具が折れて、、、
PELLICO×新品×ハーフソール
COLE・HAAN×ハーフソール×かかと交換
サンダルにもハーフソールを
高いヒールをできるだけ低くしたいねん
新品の靴は履く前に
同じカテゴリー(婦人靴修理例)の記事
 サンダルのストラップを引っ掛ける金具が折れて、、、 (2017-08-30 11:58)
 PELLICO×新品×ハーフソール (2017-08-07 10:04)
 COLE・HAAN×ハーフソール×かかと交換 (2017-06-26 13:09)
 サンダルにもハーフソールを (2017-05-15 13:06)
 高いヒールをできるだけ低くしたいねん (2017-05-08 12:08)
 新品の靴は履く前に (2017-04-19 13:11)