リペアライフのすすめ by プラスワン蛍池店 › 婦人靴修理例 › 去年履いていたサンダルが、、、

去年履いていたサンダルが、、、

2012年06月03日

「さあ〜今年もだんだん暑くなってきたし、

去年履いていたサンダルでも履こうかしら♫」




「あ〜これこれ、

けっこう気に入ってるんだよね♫」




「さあ、これ履いてお出かけ♫お出かけ♫」











「あれ?なんか足の裏がベタつくわ?」




icon10








「あっ!?

















「やだぁ〜なんかボロボロになっているしぃ〜〜〜」face10






こんなふうに、中敷きがボロボロになってしまった靴ありませんか?

ボロボロになっているのは合成皮革が使われているからで、

合成皮革はだいたい2、3年すると劣化してボロボロ、ベタベタし出しますface07

湿気の多い所での保管や、

またあんまり履いていない靴ほど劣化が早くなります。



でも、
大丈夫ですよface02




中敷きを交換すれば直るんですicon22


はい完成♪







本革の中敷きと交換しましたicon22

イメージチェンジで黒色をお選び頂きましたが、似た色の中敷きももちろんお選び頂けますよ。

本革なので、合成皮革のように劣化しませんし、

なんといっても革には通気性があるんですねface02

だから夏場に履く靴は、本革の中敷きがオススメですよ=3




 
"あなたの大切な靴、かばんをしっかり丁寧に直します”

靴修理・合鍵のお店 『プラスワン蛍池店』

♫蛍池駅直結の商業施設「ルシオーレ」の2Fで毎日営業してます♫
●営業menu:靴修理、かばん修理、合鍵作成、時計の電池交換、傘修理、
       オリジナルハンドメイドレザーアイテムの制作・販売
●営業時間:10:00〜20:00※月曜のみ19:00迄
●定休日:なし※ルシオーレに準ずる
●TEL:06-6850-2880 ※「シティライフのブログを見て」と言って頂くと助かりますface02
●所在地:大阪府豊中市蛍池中町3-2-1 ルシオーレ北館2F

※申し訳ございませんが、電話による修理代金の見積りはご遠慮ください。

→体調が悪くなった患者さんが、病院に電話して、
「こういう状態なんですが、治りますか?いくらかかりますか?」と仮に尋ねたとします。
 すると、お医者さんが、
「直りますよ、診察代と薬代あわせて◯◯◯◯円です。」と答えたら、
 あなたは、そのお医者さんを信用するでしょうか?
 もちろん、しませんよね。だってあなたの体の状態を実際に診てくれていないからです。

 靴もかばんも同じだと考えます。
 形や素材、デザインもそれぞれ、仮に同じ物で同じ箇所の修理であっても、
 ひとつとして全く同じ修理はありません。
 ですから、実際に靴やかばんの状態を見ない限り、
 そもそも修理可能なのかどうかもわかりませんし、ましてや
 修理代金の見積額もわからないわけです。

 修理代金を知りたい方は、ご足労おかけしますが、
 店頭までお持ち込み頂くようお願いします。
 もちろん、その場で修理の可否、見積りをさせて頂きますので宜しくお願いします。

 




同じカテゴリー(婦人靴修理例)の記事画像
ブーツのボタンが取れてしまって、、、、
フェラガモのパンプスのかかとと前張り
リーガルのサンダルの中敷きがボロボロで、、、
Columbiaのウィンターブーツのかかとが削れて
パンプスのストラップのゴムがちぎれて、、、
中敷きがボロボロで脱いだらみっともないねん
同じカテゴリー(婦人靴修理例)の記事
 ブーツのボタンが取れてしまって、、、、 (2018-02-21 11:07)
 フェラガモのパンプスのかかとと前張り (2018-02-11 13:10)
 リーガルのサンダルの中敷きがボロボロで、、、 (2018-02-05 17:05)
 Columbiaのウィンターブーツのかかとが削れて (2018-01-31 14:30)
 パンプスのストラップのゴムがちぎれて、、、 (2017-12-30 16:50)
 中敷きがボロボロで脱いだらみっともないねん (2017-12-18 14:03)