リペアライフのすすめ by プラスワン蛍池店 › 婦人靴修理例 › 歩きにくくなってきたな?と思ったら、、、

歩きにくくなってきたな?と思ったら、、、

2012年06月02日




ピンヒールを履いていると、

「あら?歩いていると、なんかカツカツ音がするわ?」
 
 ↓

「なんか滑り易いわ?このヒール。」

 ↓

「なんか歩きにくいわ?このヒール」



こんなことを気にせずに、ず〜っと履いていると、







はい、ヒールのかかとはだいたいこんな状態になっちゃってます。。。face07



ヒールの先についているゴムは完全に削れなくなっていて、ヒールがむき出し状態ですface08





でも、こんな状態になったからといって、捨てる必要はありません。

ちゃんと直りますよダッシュ







はい完成♫






キレイに直っていますね〜face02

もちろんまる〜く削れてしまったヒールを平らに削り、左右の高さを揃えるので

ヒールが低くなりますので、削れ過ぎる限度はあります。


「なんか、カツカツ音がする」と思ったら、すぐに交換するのが一番ですねface01






 
"あなたの大切な靴、かばんをしっかり丁寧に直します”

靴修理・合鍵のお店 『プラスワン蛍池店』

♫蛍池駅直結の商業施設「ルシオーレ」の2Fで毎日営業してます♫
●営業menu:靴修理、かばん修理、合鍵作成、時計の電池交換、傘修理、
       オリジナルハンドメイドレザーアイテムの制作・販売
●営業時間:10:00〜20:00※月曜のみ19:00迄
●定休日:なし※ルシオーレに準ずる
●TEL:06-6850-2880 ※「シティライフのブログを見て」と言って頂くと助かりますface02
●所在地:大阪府豊中市蛍池中町3-2-1 ルシオーレ北館2F

※申し訳ございませんが、電話による修理代金の見積りはご遠慮ください。

→体調が悪くなった患者さんが、病院に電話して、
「こういう状態なんですが、治りますか?いくらかかりますか?」と仮に尋ねたとします。
 すると、お医者さんが、
「直りますよ、診察代と薬代あわせて◯◯◯◯円です。」と答えたら、
 あなたは、そのお医者さんを信用するでしょうか?
 もちろん、しませんよね。だってあなたの体の状態を実際に診てくれていないからです。

 靴もかばんも同じだと考えます。
 形や素材、デザインもそれぞれ、仮に同じ物で同じ箇所の修理であっても、
 ひとつとして全く同じ修理はありません。
 ですから、実際に靴やかばんの状態を見ない限り、
 そもそも修理可能なのかどうかもわかりませんし、ましてや
 修理代金の見積額もわからないわけです。

 修理代金を知りたい方は、ご足労おかけしますが、
 店頭までお持ち込み頂くようお願いします。
 もちろん、その場で修理の可否、見積りをさせて頂きますので宜しくお願いします。

 

 


同じカテゴリー(婦人靴修理例)の記事画像
パンプスのかかとが削れ過ぎても、、、、
猫足のあれにハーフソールを貼る
TATAMIのサンダルの底が剥がれて
サンダルのゴムが伸びきって、、、
靴の中敷きがボロボロになっちゃって、、、
マジックテープが全然弱くて、、、
同じカテゴリー(婦人靴修理例)の記事
 パンプスのかかとが削れ過ぎても、、、、 (2018-11-14 10:53)
 猫足のあれにハーフソールを貼る (2018-10-24 10:14)
 TATAMIのサンダルの底が剥がれて (2018-09-22 10:26)
 サンダルのゴムが伸びきって、、、 (2018-08-21 12:21)
 靴の中敷きがボロボロになっちゃって、、、 (2018-07-27 16:04)
 マジックテープが全然弱くて、、、 (2018-07-11 11:05)