リペアライフのすすめ by プラスワン蛍池店 › 鞄,財布修理例 › TUMIの持ち手のあて革交換は続く

TUMIの持ち手のあて革交換は続く

2019年09月10日


関東方面は台風がすごかったようですねface10


思えば、ちょうど去年の9月は

大阪は台風で甚大な被害が出てましたね。


自宅周辺も4日間ほど停電となり、

大変な生活でしたicon10


もうこれ以上台風が上陸しないことを祈るばかりですが、

防災意識は常に持ち、いつ来ても準備だけはしておきたいものです。






さて本日の修理例は、おなじみトゥミの修理ですface02



「キーワード検索したら、一番上に表示されて、あ、豊中なら近くやん」と


ご来店される方が最近多いので、







試しに、「TUMI 修理 持ち手」で検索したら、








検索結果の一番上に、
このブログ記事が表示されてますやん(・□・;)




ちなみに、
2番目に表示されていたのは、トゥミの公式サイトでした笑




SEO対策とかあまりよくわかりませんが、

こまめにブログに修理例を更新しているからなのでしょうかね。。。






とまあ、そんなTUMIの公式サイトよりも

上位に表示されていますが、

けっしてトゥミの修理専門店ではないことを

ご理解頂いた上で、





まずはこちらのトゥミ、


TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く

前面側はかなりキレイめですが、背面側が

かなり色剥げ、弱ってきています。

こちらはスタンダードタイプです。



TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く

SHIPS限定モデル?のネイビーカラーのトゥミです。
よく見ると、持ち手本体のナイロンテープに合わせて、
下糸にはネイビーの糸が使われています。

こちらは、前面側が大きく損傷しております、スタンダードタイプです。


TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く

こちらもスタンダードタイプですね。

背面側が破れています。


TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く

こちらは巻き込みタイプです。

内側部分まで革を巻き込んで縫い合わせています。



TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く

こちらも巻き込みタイプです。
こちらのお客様は、ショルダーパッドの裏側の交換も同時にご依頼頂きました

TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く

ショルダーパッドの裏側は合皮の為、ボロボロになってくると
いつまでも黒い粉が肩についちゃうんですよねface10

この合皮の部分を、ヌメ革に交換可能です。

ただし、ショルダーパッドのデザインによっては修理できないものもありますので
ご郵送される前に、メッセージよりご相談ください。






こちらのTUMIの持ち手あて革交換は
全国から郵送受付してます。


くわしくは、こちらの記事をご覧くださいね。



このTUMIの修理日数は

およそ1週間ほど頂戴しております。





ではすべてヌメ革に交換しますicon09


修理開始ダッシュ




はい完成♪


TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く

スタンダードタイプなので6480円です。



はい完成♪

TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く

もとと同じように、下糸には同色のネイビーの糸で、上糸にはブラックで縫い合わせました。

糸の色の変更は、ご自由です。追加料金も発生しませんので

ご希望のカラーをお伝えください。

基本的には、もとの色と同じ色の糸で縫い直しさせて頂きます。

こちらも6480円。



はい完成♪

TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く

同じくスタンダードタイプなので6480円です。


はい完成♪

TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く

こちらは巻き込みタイプなので8640円です。


はい完成♪

TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く
TUMIの持ち手のあて革交換は続く

巻き込みタイプ8640円+ショルダーパッド裏側交換5400円です。




料金はすべて税込価格です。




当工房では、

そこらへんにある余った革ではなく、

このトゥミの修理用に

100%ベジタブルタンニン鞣しの

ヌメ革を仕入れています。


ヌメ革は、一般的なクロム鞣しの革とは違い、

使い込むほどに艶が出て来るエイジングを楽しめる革です。

ただ単にもと通りに直すだけでなく、

これからも永く使い続けれるように、

そして愛着持って使い続けてもらえるように、

当工房ではヌメ革に交換させて頂いています。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● ご注意ください ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

プラスワンは全国展開しているフランチャイズ店舗ですが、

この修理例は、あくまで『プラスワン蛍池店』の修理例です。

お住まいのご近所に同じプラスワンがあるからといって、

修理に持ち込まれても、

それぞれの店舗によって修理方法や修理技術は異なりますので、

「この修理例と同じようにして欲しい」など強要することはご遠慮ください。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



こちらのTUMIの持ち手あて革交換は
全国から郵送受付してます。


くわしくは、こちらの記事をご覧くださいね。


10月の増税前に

修理しておきましょう!

駆け込み歓迎です。

どしどしお持ち込み、

お送りください♪


9月30日までに受け取りできた分は

消費税8%の料金でお受けします。

10月1日以降はすべて消費税10%となります。

 



"あなたの大切な靴、かばんをしっかり丁寧に直します”

靴修理・合鍵のお店 『プラスワン蛍池店』

♫蛍池駅直結の商業施設「ルシオーレ」の2Fで毎日営業してます♫
●営業menu:靴修理、かばん修理、合鍵作成、時計の電池交換、傘修理、
       オリジナルハンドメイドレザーアイテムの制作・販売
●所在地:大阪府豊中市蛍池中町3-2-1 ルシオーレ北館2F

●営業時間:10:00〜20:00
●定休日:なし※ルシオーレに準ずる
●TEL:06-6850-2880 
 ※1人でやってます。接客中や作業中など電話に出れないことがありますのでご了承下さい。

※電話による修理代金の見積りはご遠慮ください。

→体調が悪くなった患者さんが、病院に電話して、
「こういう状態なんですが、治りますか?いくらかかりますか?」と仮に尋ねたとします。
 すると、お医者さんが、
「治りますよ、診察代と薬代あわせて◯◯◯◯円です。」と答えたら、
 あなたは、そのお医者さんを信用するでしょうか?
 もちろん、しませんよね。だってあなたの体の状態を実際に診てくれていないからです。

 靴もかばんも同じだと考えます。
 形や素材、デザインもそれぞれ、仮に同じ物で同じ箇所の修理であっても、
 ひとつとして全く同じ修理はありません。
 ですから、実際に靴やかばんの状態を見ない限り、
 そもそも修理可能なのかどうかもわかりませんし、ましてや
 修理代金の見積額もわからないわけです。

 にもかかわらず、「だいたいいくらぐらいかかるのか?」としつこくせまる方もいますが、
 仮に、「だいたい◯◯◯◯円ぐらい」と答えたところで、実際にご来店されて
 修理希望の実物を見て、見積額をお伝えすると、「電話で言っていた金額と違う!」と言われ、
 一方的に怒られるわけです。
 果たして、そんな怒られるようなリスクを犯してまで実物を見ていない修理の見積り額を
 すすんでお伝えすることなどできますでしょうか?

 もちろん修理をするにあたりご予算の都合があることは重々承知しております。
 ただ、車の修理の見積り、時計の修理の見積り、家の外壁塗装直しの見積り、
 電化製品の修理の見積り、、、etc. 

 世の中のありとあらゆるモノを修理する際は、修理担当の者が、現物を確認してからはじめて、
 それを直すために必要な見積額が提示されるはずです。電話で簡単に「いくらかかりますか?」
 と質問してもおそらく正確な見積額は返ってきません。

 ですから靴もカバンも、財布も、その仲間にどうか入れてあげてください。
 たとえその靴、その鞄、その財布が、高かろうが、安かろうが、
 ご自身で身につけ、愛用されて、少なからず同じ時を一緒に過ごしてきたわけですから。

 修理代金を知りたい方は、ご足労おかけしますが、店頭までお持ち込み下さい。
 
 また、こちらのブログでは修理例とそれにかかる修理代金を掲載しております。
 あくまでご参考までにして頂ければ幸いです。

 あ、あと電話で、「今日は営業していますか?」というのもやめて下さい。
 定休日もなく毎日頑張って営業してますので(笑)


 








同じカテゴリー(鞄,財布修理例)の記事画像
秋も続く、TUMIの持ち手あて革修理をいくつか
TUMIの持ち手がボロボロで、、、
Y'SACCSのショルダーバッグのファスナーが閉まらなくて、、、
財布の小銭入れのファスナーが閉めても開いてくる、、、
夏が終わってもTUMI祭り
BERMASのリュックのファスナーが閉まらなくなって、、、
同じカテゴリー(鞄,財布修理例)の記事
 秋も続く、TUMIの持ち手あて革修理をいくつか (2019-11-11 10:26)
 TUMIの持ち手がボロボロで、、、 (2019-10-28 11:18)
 Y'SACCSのショルダーバッグのファスナーが閉まらなくて、、、 (2019-10-22 10:10)
 財布の小銭入れのファスナーが閉めても開いてくる、、、 (2019-10-17 10:00)
 夏が終わってもTUMI祭り (2019-10-01 11:08)
 BERMASのリュックのファスナーが閉まらなくなって、、、 (2019-09-19 15:19)