TUMIの持ち手のあて革交換は続く

2019年09月10日


関東方面は台風がすごかったようですねface10


思えば、ちょうど去年の9月は

大阪は台風で甚大な被害が出てましたね。


自宅周辺も4日間ほど停電となり、

大変な生活でしたicon10


もうこれ以上台風が上陸しないことを祈るばかりですが、

防災意識は常に持ち、いつ来ても準備だけはしておきたいものです。






さて本日の修理例は、おなじみトゥミの修理ですface02



「キーワード検索したら、一番上に表示されて、あ、豊中なら近くやん」と


ご来店される方が最近多いので、







試しに、「TUMI 修理 持ち手」で検索したら、








検索結果の一番上に、
このブログ記事が表示されてますやん(・□・;)




ちなみに、
2番目に表示されていたのは、トゥミの公式サイトでした笑




SEO対策とかあまりよくわかりませんが、

こまめにブログに修理例を更新しているからなのでしょうかね。。。






とまあ、そんなTUMIの公式サイトよりも

上位に表示されていますが、

けっしてトゥミの修理専門店ではないことを

ご理解頂いた上で、





まずはこちらのトゥミ、








前面側はかなりキレイめですが、背面側が

かなり色剥げ、弱ってきています。

こちらはスタンダードタイプです。









SHIPS限定モデル?のネイビーカラーのトゥミです。
よく見ると、持ち手本体のナイロンテープに合わせて、
下糸にはネイビーの糸が使われています。

こちらは、前面側が大きく損傷しております、スタンダードタイプです。








こちらもスタンダードタイプですね。

背面側が破れています。








こちらは巻き込みタイプです。

内側部分まで革を巻き込んで縫い合わせています。









こちらも巻き込みタイプです。
こちらのお客様は、ショルダーパッドの裏側の交換も同時にご依頼頂きました





ショルダーパッドの裏側は合皮の為、ボロボロになってくると
いつまでも黒い粉が肩についちゃうんですよねface10

この合皮の部分を、ヌメ革に交換可能です。

ただし、ショルダーパッドのデザインによっては修理できないものもありますので
ご郵送される前に、メッセージよりご相談ください。






こちらのTUMIの持ち手あて革交換は
全国から郵送受付してます。


くわしくは、こちらの記事をご覧くださいね。



このTUMIの修理日数は

およそ1週間ほど頂戴しております。





ではすべてヌメ革に交換しますicon09


修理開始ダッシュ



  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 13:06鞄,財布修理例