TUMIの持ち手あて革修理は令和も継続しますよ!

2019年05月01日


今日から令和スタートですね祝


だからと言って、どうこうじゃないですが、


とりあえず、
















令和元年の小銭を見つけたら保管しとくんだろな笑






さて令和一発目の修理例は、

おなじみtumiの持ち手あて革交換でございます。



この連休の間にもたくさんのご依頼頂いておりますが

連休明けからお使いいただけるようにフル回転でお直ししておりますが

ひとつひとつ心を込めて、丁寧にお直しさせて頂きますので

いましばしお待ち下さいicon10




それでは今回もいくつかご紹介!









こちらはスタンダードタイプです。
前面側が大きく破れてますface10







背面側が破れていますね、スタンダードタイプです。







こちらも背面が大きく破れてます、
こちらは巻き込みタイプです。







こちらは前面側が破れていますね、スタンダードタイプです。







スタンダードタイプです。
比較的綺麗にお使いですが、ところどころ損傷してます。








最後にこちらもスタンダードタイプです。
全体的にカサついています。


持つ人によって、さまざまな損傷の仕方ですね目

10年以上使っている人もいれば、

5、6年で破れる人もいらっしゃいます。



こちらのTUMIの持ち手あて革交換は
全国から郵送受付してます。


くわしくは、こちらの記事をご覧くださいね。



このTUMIの修理日数は

およそ1週間ほど頂戴しております。




プラスワンは全国展開しているチェーン店ですが、
このヌメ革に交換するのは、あくまで蛍池店の修理例です。

フラインチャイズのため、店舗によって
技術のバラつきがございますので、他店でも
同じヌメ革を使うのか、
修理レベルについてはわかりませんのでご注意ください。



ではすべてヌメ革に交換しますicon09


修理開始ダッシュ



  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 10:10鞄,財布修理例