今年もTUMI修理どしどし受付しますよ

2018年01月05日



明けましておめでとうございます正月飾り
本年もどうぞよろしくお願いします。


新年のご挨拶が遅くなりましたが、
当工房は1月3日より営業開始しております。

今年もより修理技術を磨き
1点1点丁寧な修理を心掛けていきますので宜しくお願い致します。


さて新年1発目の修理例はこちらface02












今年もTUMIの持ち手あて革交換は

引き続き、全国から郵送受付していきますよチョキ




では何点かご紹介で〜す!
















トゥミの持ち手では珍しいのですが、

マニアにはたまらない”茶芯”が出てきてますねface08








背面側の傷みが進んでいます。







こちらのあて革は、スタンダードタイプですね。





続きましてこちら、







バリスティックナイロンではなく、レザータイプのトゥミです。









持ち手もレザー。











レザーの持ち手の上からあて革を施しています。

















よく見ないとわかりにくいですが、


こちらはスタンダードタイプです。












お次はこちら、


















背面側の損傷が激しく、













結構穴が空いてますね、、、、、、















こちらもスタンダードタイプですね。







最後はこちら、























こちらも背面側の損傷が激しく、、、、、、、





















ほぼなくなりかけています、、、、、face10














では今回も全てヌメ革に交換させていただきますパンチ




こちらのTUMIの持ち手あて革交換は
全国から郵送受付してます。


くわしくは、こちらの記事をご覧くださいね。






では修理開始ダッシュ

  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 14:41鞄,財布修理例