中敷きがボロボロに。。。。

2014年02月23日





本日の修理例はこちらface02






























中敷きがボロボロになっちゃってますface07



















このままだとストッキングにボロボロがくっつきますし、


脱いだときにみっともないですよねface10





でもこうなってしまったからといって捨てないでくださいよパー






ぼろぼろになっちゃったら新しく交換すればいいんですicon12









では修理開始ダッシュ








  続きを読む
タグ :中敷き


Posted by plusonehotaru at 15:08婦人靴修理例

コーチ×ショルダーバッグ×ファスナー交換

2014年02月17日





本日の修理例はこちらface02


















コーチのショルダーバッグをお持ち込みいただきました


















ファスナーの引き手スライダーが外れてしまっていますicon10















原因はこれです、ファスナーテープがちぎれてしまっていましたface10








でも大丈夫ですよ、捨てないでくださいよパー







ファスナーは消耗品なんです、


使い続けていくと必ず壊れてしまいます


壊れてしまったら、新しいファスナーに交換すればいいんですicon12





では修理開始ダッシュ








  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 11:14鞄,財布修理例

REGALのかかとについて

2014年02月12日















リーガルの紳士靴をお持ち込み頂きました。
















「かかとがもうすぐ削れ過ぎてなくなるから」とお持ち込み頂きましたが、、、














たしかに、ギリギリです           














が、しかし!







よく見てください、かかとの内側、業界ではアゴと呼ばれているところを。


























リフトとの切れ目はないですよね?








つまりこちらはヒールから全部ブロックヒールなんですよ。



















ヒールまで全部交換式のブロックヒールなので、まだまだ履けるのに、

あえてひと手間かけてトップリフトがついているかのように加工しているわけですface08







ふつうのリペア意識が高い人だったら、このラインまで削れる前に修理に出します。


まだまだ履けるのに。。。




デザイン的なことを考えてからなのか、


修理に出してくれる頻度をあげたいからなのか、



なぜ天下のリーガルさんがこのようなことをしているのかわかりません。





個人的にはしっかりした造りの靴を作っている有数のメーカーさんだとは思いますが、

消費者をだますようなこういうやり方は、個人的にはどうも解せませんface09






こういうブロックヒールの削れには、当店ではこんな修理をおすすめしてます↓




では修理開始ダッシュ











  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 16:07紳士靴修理例

ルイ・ヴィトン×ラウンドファスナーウォレット×スライダー交換

2014年02月03日





本日の修理例はこちらicon12




















ラウンドファスナーの財布ですが、
























例のごとく、閉めても閉まらない状態になってますface07























中の小銭入れの引き手も外れてしまっていますicon10

























ファスナーを閉めても閉まらないので、このままでは財布としての機能が果たせていませんicon11





でも大丈夫です、捨てないでくださいicon23





ファスナーを開け閉めする引き手(スライダー)を新しく取り替えればもとに戻りますよチョキ









では修理開始ダッシュ







  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 10:07鞄,財布修理例