旦那のヴィトンのカバンの中がベチャベチャに・・・

2012年08月27日


「ようやく朝晩は少し涼しくなってきたわねface02











「って言っても、日中はやっぱり暑いけど。。。icon11








「そういえば、旦那のヴィトンのセカンドバッグ、






 ず〜っとタンスにしまっていたけど、





 昨日ひさびさに使ったら、





「カバンの中に入れた財布やら書類とかにベチャベチャするものがついた〜〜〜icon08」とか怒ってたわね、





















「どれどれ・・・」


「外側のポケットのことかな?」
















「うんうん、たしかにネチャネチャしてるわ icon10
















「中は大丈夫そうね〜〜〜face02


























「あっ!?
























「全然大丈夫じゃないわ。。。。ここもネチャネチャしてるわ・・・icon11








「やっぱりず〜っと閉まっていたから、革が湿気にやられたのかしら?


 でもなんでこの2カ所だけ??」











誰もがご存知の高級ブランド、ルイ・ヴィトン。


普段使いされている方ももちろんいますが、


ほとんどの方は高級だからこそ

ここぞという時にしか使わず、ふだんはクローゼットに

大事に大事にしまっているんじゃないでしょうか?


大切にしまっていても全然かまわないですが、

革は湿気に弱いので、なるべく風通しの良いところで保管しなければいけません。


ただこのヴィトンのセカンドバッグの『コンピエーニュ』は、


実は、湿気が原因じゃないんですね。





ベチャベチャになった原因は、








そのベチャベチャになった部分だけ


合成皮革が使われているんですface07



『えっ!?高級ブランドなのに!?革じゃないの!face08

と驚かれる方も多いことでしょう、

でもそうなんです、これは事実なのです。



いまから3、40年ほど前のヴィトンの製品には

本当にそれこそ素晴らしい質の本革が使われていたので、

合皮が使われていることはほとんどないのですが、

やはりヴィトンといえど、営利企業ですから利益を上げ続けなければいきません。

質や供給量が安定しない革よりも、

供給が安定し、しかも革より安価な合成皮革を一部使い出したわけです。


当然、この2ヶ所は合成皮革なので、

普段使っていようが、大事にクローゼットにしまっていようが、

湿気があろうがなかろうが、

残念ながら年数が経つと、このように劣化してしまうわけです。face06



でも大丈夫ですよface02


ネチェネチャのボロボロになってしまった部分を交換すればいいわけですチョキ



  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 15:06鞄,財布修理例
アクセスカウンタ