紳士靴のかかと削れ過ぎ修理

2020年03月31日




3月も今日で終わり、明日から4月です。

本来なら明日は入学式や入社式など年度の始まりであり

新生活のスタートですが、

今年はそんなこともできそうもないようですね、、、

国内の感染者もどんどん増えております。


わたしたちにできることは

手洗い、うがい、マスク着用し

なるべく人ごみを避け、

これ以上ウイルスが広がらないようするだけです。





本日10周年感謝セール最終日です!!!






マスク着用の上、
どしどしお持ち込みください♪






本日の修理例はこちらface02











かかとが削れすぎておりますface10








削れている部分を補充してリフトゴムを貼ります。











つづきましてこちら、












こちらも削れ過ぎていますface10







こちらも同様に補充してリフトゴムを貼ります。









では修理開始ダッシュ



  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 10:10紳士靴修理例

PADRONEにはハーフソールを。

2020年03月21日



世間は3連休ですねface02



コロナウイルスが蔓延しておりますので

旅行や行楽などは控える方も多いかと思いますが、


くつのかかとが減っている、

合鍵を作らないといけない、

腕時計の電池が切れてしまった、

などは不要な外出ではなく必要な外出ですよface02


当店はただいま10周年感謝セール開催中です↓






この3連休にぜひお越しくださいface02



本日の修理例はこちらface02






パドローネをお持ち込み頂きました。








新品でございます。










レザーソールですが、
このままでは滑りますのでハーフソールを貼ります。











つづいて、








おなじくパドローネです。








こちらはすでに履かれています。









同じお客様ですね。










そろそろハーフソールを張ってもいい頃合いです。











では修理開始face02




  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 10:05紳士靴修理例

リーガルのかかとをななめ補強を貼り直し

2020年03月13日



高校野球も中止が決定しましたね。


甲子園付近の宿舎は大変でしょうね。

それよりも頑張って毎日練習に励んだ球児たちは

さぞかし無念なことでしょうね。



そんないろいろなイベントや行事やらがことごとく中止になってますが、


当店は毎日営業しておりますface02





本日の修理例はこちらface02













「とりあえず迷ったら、リーガルを買っておけば間違いない」

と言われるぐらい超有名なメーカーです。











このブログでもおなじみの、

リーガルの靴によくある、なんちゃってトップリフトライン。

ヒールの下にあたかもトップリフトが貼られていて

そこから交換できると思わせる手の込んだブロックヒール。。。。










実はトップリフトとヒールは分離できるものではなく

ヒール自体がひとつのブロックヒールなんですよ、という話。









他のお店では

「これはブロックヒールなので、ヒール毎交換になります」と言われ

3000円前後ぐらい修理料金がかかったりしますが、



ちょっとななめに削れているだけなのに、
全部替えるのはもったいなくないですか?


と個人的には思いますし、

削れているところ以外の部分はまだまだ頑丈なので、


当店では削れ具合をみて、2つの修理方法をご提案しております。









1つ目は、削れているラインまで平らに削って

新しくトップリフトを貼るパターン。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

初回だけ削り料金が掛かりますが、次回からは通常のリフト交換代だけで済みますし、

見た目もまっすぐリフトが貼られているので違和感全くありません。








2つ目は、削れている方向に沿ってななめ補強を貼るパターン。

こちらについてはリーガルのかかとについてをご参照ください。

削れてきているところだけを補強するので、コスパも良く

若干補充しているラインは見えますが、気にしない人や

またラインを超えて削れすぎてしまっている場合などにはオススメです。








こちらの靴は2つ目のななめ補強したパターンです。


補強したななめ材が同じように削れてきているので

新しく交換します。







では修理開始ダッシュ




  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 11:35紳士靴修理例

パラブーツの履き口の内側が擦れてきて、、、

2020年03月08日




いよいよ収束を迎えるのか、

はたまたまだまだこれから増えていくのか?


新型コロナウイルスが世界中で蔓延していますねface10



そんなときになんですが、、、、、












本日!













開店してから10周年を迎えることができました!!祝祝祝祝祝



これもひとえにみなさまのおかげでございますface06



ひきつづき今後とも宜しくお願い申し上げますface02




不要な外出は控えても、


靴を直さないといけない、

時計の電池交換をしないといけない、

合鍵を作らないといけない、


は、

必要な外出ですから、どしどしお持ち込みください〜〜〜笑





さて、本日の修理例はこちらface02











パラブーツのランスをお持ち込み頂きました。








少し大きめだからでしょう、

履き口の内側が擦れて穴が空いてきてますface10














外側のミシン目に沿って補修していきます。










では修理開始ダッシュ



  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 10:12紳士靴修理例

紳士靴の履き口補修

2020年02月12日




本日の修理例はこちらface01










履き口の内側のところが擦れて穴が開いてきてますface10








靴紐を結んだまま脱ぎ履きしているとこうなることが多いです














続いてこちらも同じです。




















それでは修理開始=3




  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 15:01紳士靴修理例

レザーソールのハーフソールを貼るタイミング

2020年01月20日



本日の修理例はこちらface02










サイドゴアブーツをお持ち込み頂きました。











レザーソールです。
底縫いが施されていてしっかりした造りです。









レザーソールは、これぐらいしばらく履きこんでおくと

ご自身の足に合わせて反りが出てくるので、


そのタイミングでハーフソールを貼るのがオススメです。









もちろん新品のときにもハーフソールを貼ることもできますが、

貼ったあとにソールが反ってくると、
つま先らへんが剥がれやすくなることもあるからです。








では修理開始ダッシュ



  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 13:18紳士靴修理例

紳士カジュアルシューズのビブラムオールソール

2020年01月08日




年が明けて1週間経ちましたので

正月ボケはすっかりなくなったでしょうか。





いつもの日常に戻り、

いつもの日常ですが、


なにげない日常こそが大切なんですよね。



今年は特に台風などの被害がないことを祈るばかりです。







本日の修理例はこちらface02


















だいぶソールが全体的に減ってきております









オールソールのご依頼でした。









ソールの種類が変わりますが、

同じ厚みのもので交換することになりました。












では修理開始icon14




  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 11:22紳士靴修理例

GLOBAL WORKのかかとが削れすぎて、、、

2019年12月30日



当店は明日まで営業してますface01


ただし明日12/31(火)大晦日の営業は

17時に閉店させて頂きますビックリ


また15時から店内大掃除に入りますので

くつ修理マシンを使う修理はできなくなりますのでご注意ください。




どうしても年内に直したいものは

午前中までにご来店くださいねface02



それでは
今年最後の修理例はこちらface02










グローバルワークの紳士靴をお持ち込み頂きました。









かかとが削れすぎておりますface10









歩き方の問題でしょうか、

左足側のほうが削れています、、、







革で補充してもとの高さに戻してからリフト交換します。




では修理開始ダッシュ





  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 10:18紳士靴修理例

靴紐を結んだまま脱ぎ履きしていると、、、、

2019年11月07日


本日の修理例はこちらface02






スコッチグレインの紳士靴をお持ち込み頂きました。






履き口の内側のここですね








左右とも擦り切れて穴が開いてきてますface10










つづきまして、こちらも













同じくスコッチグレイン。









同様に履き口の内側が破れてきてますface07





別々のお客様の靴ですが、

たまたま同じブランドの、たまたま同じ修理という偶然笑











こうなる原因としては、

靴紐を結んだまま、脱ぎ履きしていることがほとんど原因です。


靴紐をしっかりほどいて脱ぎ履きしているのに、

こうなる場合はそもそも靴のサイズが合っていないと思われます。




では修理開始icon14





  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 11:15紳士靴修理例

続・REGALのかかとについて

2019年09月02日




今日は9月2日、”靴の日”だそうな目



直したい靴、どしどしお持ち込みください♪





本日の修理例はこちらface02









リーガルの紳士靴をお持ち込み頂きました。










リーガルのかかとといえば、、、、、、、、、











ヒールからリフトまでの一体型のブロックヒールですね。











あいかわらずヒールとリフトが分離するかのような線が入っていますが、

ヒールの内側、アゴと呼ばれるところには線は入っていません笑










いつもお勧めしているのは、ななめ補強修理ですが、


今回はご希望により、平らに削って厚めのリフトを貼ることになりました。



では修理開始ダッシュ





  続きを読む


Posted by plusonehotaru at 10:46紳士靴修理例